産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】現実無視できず プライドも捨てられず「孤立」憂う韓国の“独り相撲”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
現実無視できず プライドも捨てられず「孤立」憂う韓国の“独り相撲”

 韓国メディアの2カ月以上にわたる主張は何だったのか。機会があれば、筆者に直接聞いてみようと思っている。

それでも“謝罪”は要求

 韓国では今も、米韓外相会談が尾を引いている。会談後にケリー米国務長官がソウルの在韓米軍基地で「北朝鮮の挑発に備えねばならない。高高度ミサイル防衛(THAAD)などについてわれわれが話す理由だ」と語ったことが波紋を広げている。

 韓国外務省では「米韓間でTHAAD配備についての議論はない」と急いで修正作業に入った。しかし、THAAD配備を警戒する中国に配慮する韓国に対し、米国のいらだちが聞かれる中でケリー発言は飛び出した。「韓米の温度差」(朝鮮日報社説)などと、韓国メディアは穏やかではない。

 米韓の問題はともかく、日本との歴史にこだわってばかりいる韓国に対し、ケリー長官は「後ろだけじゃない。前を見ろ」と暗に迫った。

 それでも、尹外相はケリー氏との共同記者会見で、「明確な歴史認識を示し、関係が好転することを願う」と強調し、相変わらず安倍首相に「反省」を要求。同時に、対日外交では歴史とそれ以外の問題(経済など)は分離してあたっていく考えを示した。

 自由な政策選択は結構なことだ。ただ、米国の困惑を考えているのか。経済で苦境に立とうが、それほどまでにも韓国は現在も日本に対するメンツにこだわっている。

「ニュース」のランキング