産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】現実無視できず プライドも捨てられず「孤立」憂う韓国の“独り相撲”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
現実無視できず プライドも捨てられず「孤立」憂う韓国の“独り相撲”

 韓国では、日本企業を相手取った「徴用工裁判」が進められている。そんな中で、どこの企業が韓国に進出、あるいは第三国での協力をどこまで進めるのだろうか。非常に興味深いところである。金もうけ(ビジネス)という現実的な世界であるからには、ドライでビジネスライクな協力になるのであろう。

 同時に韓国側を見ていて不安なことがある。韓国の期待はあらゆる面で常に高い。自分に都合よく解釈するせいか、期待値が高過ぎる。期待に沿わない結果が出ると、その分、落胆も大きい。

 安倍首相演説を批判しつつも「謝罪」を期待。米国が安倍首相に謝罪を促してくれることにも期待。しかし、期待は裏切られ(日米が裏切ったわけではないが)、韓国は大きく落胆した。似たような例は多い。

尻をたたいたのは誰?

 外交での孤立をめぐる“韓国政府バッシング”に話は戻るが、どう見ても自らを孤立に追い詰めたとしか見えない外交に向けて、韓国政府の尻をたたき続けたのは、韓国メディアではないのか。ところが、その点を自省するメディア報道は、現在のところ確認できない。

 「過去、歴史問題に執着し過ぎたあまり、韓国は孤立した」「日本非難を続ける韓国に疲れた米国は、日本により近づいた」などと、韓国政府の外交を批判するメディアではあるが、つい最近まで、その同じメディアが歴史問題にこだわり、安倍首相の訪韓と演説を批判し続けていたのだ。安倍演説阻止に向けた韓国政府への命令的な主張も続出していた。

続きを読む

「ニュース」のランキング