産経ニュース

【ビジネス解読】トイレは故障、郵便受けでチェックイン、韓国あまりに酷い“ホテル”事情 中国人観光客でさえ「二度と来ない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
トイレは故障、郵便受けでチェックイン、韓国あまりに酷い“ホテル”事情 中国人観光客でさえ「二度と来ない」

ソウル市内には宿泊施設が続々と開業しているが、トラブルも増加している。

 韓国が中国人観光客の呼び込みに懸命だという。

 日本人は円安ウォン高や、ここ数年の慰安婦問題に対する韓国の激しい突き上げに対する嫌気もあって、韓国旅行を敬遠する傾向にある。これに対し中国人は、日本でもみられるように良い品を求めて“爆買”する。人口も日本人よりはるかに多い上、たくさんの外貨を落としてくれることからも、韓国が力を入れるのは当然といえよう。韓国政府は、中国人の有名スポットである済州島に向かう旅行客を対象に通過地点となるソウルの金浦空港での通貨査証(ビザ)を免除する措置も、今月から始めた。

 ところが、マナーの悪さでは世界中で有名な中国人でさえ、「韓国には二度と来ない」と、韓国の評判がどうもよくないのだ。

 文化体育観光省が昨年発表した外国人観光客の実態調査結果によると、中国人の再訪問率は2010年の37.4%から13年には25.8%に低下した。リピーターの低下は数字でも裏付けられている。なぜか。

減少する中国人リピーター客

 朝鮮日報は、5月11日の日本語版サイトで、中国人観光客が韓国の宿泊施設に「がっかり」したという記事を掲載した。

「ニュース」のランキング