産経ニュース

【トレンド日本】小室哲哉がSNSをフル活用中「ファン予想の裏をかく」「サプライズも必要」、KEIKOの復帰は…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
小室哲哉がSNSをフル活用中「ファン予想の裏をかく」「サプライズも必要」、KEIKOの復帰は…

「SNSにより、ファンの反響が分かりやすくなった」と語る小室哲哉(蔵賢斗撮影)

 ツイッター、フェイスブック、LINE(ライン)…。あらゆるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)からの刺激を音楽活動に生かしているアーティストがいる。日本を代表する音楽プロデューサーでもある小室哲哉(56)だ。希有(けう)のヒットメーカーによるSNS活用術とは-。(竹中文)

「Get Wild」“時代”を反映

 「昨年頃からツイッターのファンの反響をかなり参考にするようになりました。ファンは僕の考える先々の展開を予想している。みんなの考え方が可視化されて、その裏をかけるようになったので、みんなを驚かせやすくなりました」

 そう語る小室は、昨年4月21日にデビュー30周年を迎えたユニット「TM NETWORK」(TMN)の活動に近年、力を注いできた。SNSの影響で、制作も変化したという。

 例えば、TMNの代表曲「Get Wild」。この曲はテレビアニメ「シティーハンター」のテーマ曲に起用され、大ヒットした。TMNは他にも多くの名曲を生んだが、「テレビ番組に出演するときは、テレビ局側から、よく『Get Wild』の披露を依頼されました。それで毎回、異なるようにアレンジしていたので、今はほとんど原形をとどめなくなってきた曲です」と苦笑いを浮かべ、解説する。

このニュースの写真

  • 小室哲哉がSNSをフル活用中「ファン予想の裏をかく」「サプライズも必要」、KEIKOの復帰は…
  • 小室哲哉がSNSをフル活用中「ファン予想の裏をかく」「サプライズも必要」、KEIKOの復帰は…

「ニュース」のランキング