産経ニュース

【中韓たじろぐ日本技術】“世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中韓たじろぐ日本技術】
“世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー

E7系とW7系の最上級席「グランクラス」

 3月14日、北陸新幹線(長野-金沢)が開業し、東京と金沢が約2時間半で結ばれた。主力車両「E7系」「W7系」の最上級クラス「グランクラス」は鉄道ファンならずとも、一度は乗りたい車両だ。アテンダント(客室乗務員)によるおかわり自由のフリードリンクや軽食など、“ファーストクラス”並みのサービスが受けられる。このグランクラスの座席を開発したのが、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」のシートを手がけるトヨタ紡織。さまざまな車種で培った経験を惜しげもなくつぎ込んだ。

 グランクラスの定員は18人でグリーン車の3分の1以下だ。客室内の座席配置は通路をはさんで1人掛けと2人掛け。シートピッチ(座席の前後間隔)は130センチ、実際に腰が下ろせる座席有効幅は52.5センチ。グリーン車よりそれぞれ14センチ、5センチ長い。実際に座ると、シートに体全体が包まれるような感じだ。

 シートの角度もグリーン車が最大37度に対し、グランクラスは43.6度。シートピッチが広いため、目いっぱい倒しても窮屈な印象はない。

このニュースの写真

  • “世界最高級”北陸新幹線「グランクラス」に投入されたトヨタ「レクサス」テクノロジー

「ニュース」のランキング