産経ニュース

【日本の議論】「さよならと言ったら声掛け事案だというのか?」警視庁“不審者情報メール炎上事件”の顛末

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
「さよならと言ったら声掛け事案だというのか?」警視庁“不審者情報メール炎上事件”の顛末

「さようなら」という声掛け事案があった公園。重大事件につながりかねない声掛けは、このような公園での発生も目立つ=東京都北区

 炎上のきっかけは「さようなら」の一言だった。警視庁が3月、地域の防犯情報を発信する「メールけいしちょう」で、「日中に子供が男に『さようなら』と声を掛けられた」とする不審者情報を配信した。メールに記載された声掛けの内容はこの一言だけ。この配信にインターネットユーザーが反応し、「あいさつ禁止の世の中か」などの投稿があふれた。しかし実際は男にはそれ以上に不審な点があったという。子供への声かけ事案は犯罪防止の観点から看過はできず、警視庁は「より具体な情報発信を」と各警察署に呼びかけた。

「何が問題なの?」

 《3月11日(水)、午後3時50分ころ、北区神谷2丁目の公園内で、児童が遊んでいたところ、男に声をかけられました。 

 声かけ等の内容 

 ・さようなら 

 不審者の特徴については、40歳代、160センチ位、やせ型…(略)》

 警視庁が3月11日に配信したメールけいしちょうには、こう記されていた。このメールから読み取れるのは、男が公園で子供にあいさつしたという状況のみで、公園で交わされた“平和な光景”にもとれる。

「ニュース」のランキング