産経ニュース

【経済インサイド】「3億枚市場」はウソ クレジットカード統計“大幅水増し”はなぜなされたか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「3億枚市場」はウソ クレジットカード統計“大幅水増し”はなぜなされたか

日本クレジット協会が昨年の仕事納めの日に〝ひっそり〟ホームページ上にアップした統計の訂正文

 「クレジットカード保有枚数は1人3枚、3億枚市場」は業界の“常識”ではなかった-。

 日本クレジット協会(東京都中央区、大森一廣会長)が昨年末に訂正した統計について業界内で物議を醸している。過去10年分のカードの発行枚数と取引額などの統計数値が大幅に下方修正され、長年誤った数値を公表し続けたずさんな管理体制が発覚した格好だ。クレジットカードといえば信用取引の代名詞のような存在だが、そのおひざ元で信頼が根本から揺らぎかねない事態を招いた背景には業界特有の事情があった。

仕事納めの日に“ひっそり”訂正

 「だましだましの集計に限界がきたのではないか」。日本総合研究所の岩崎薫里・上席主任研究員は、今回の統計訂正についてこう指摘する。

 日本クレジット協会は、昨年12月26日、クレジットカードの利用額や発行枚数などの過去10年分(平成15年~24年)の数値の訂正をホームページにひっそりと掲載した。例えば、カード利用額は24年の53兆2541億円(前年比7.4%増)から40兆6863億円(同7.7%増)に修正。発行枚数(25年3月末時点)も3億2352万枚(同0.6%増)から2億5979万枚(同0.2%減)といずれも大きく減少した。発行枚数にいたっては微増傾向から、実際は3年連続で前年割れしていることが新たにわかるなど、統計の信憑(しんぴょう)性に疑問符がついた格好だ。

「ニュース」のランキング