産経ニュース

【劇場型半島】「売春を罰するな」韓国で売春処罰違憲論争 女性元警察署長も「限定的容認すべし」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【劇場型半島】
「売春を罰するな」韓国で売春処罰違憲論争 女性元警察署長も「限定的容認すべし」

かつてはピンク色のネオンに彩られていたソウル・清凉里の風俗街(撮影者:八木澤高明)

フルサロン、キス部屋…姿変える業態 海外遠征10万人も

 韓国メディアが提示するデータでは、性売買特別法施行後も売買春は一向に減らず、逆に性風俗業の形態が多様化し、表面上は見えにくくなっているだけだと指摘される。

 女性家族省が10年と13年の実態を比較した調査では、性売買に従事する女性は、4917人から5103人へと微増。売春街を訪れた男性も1日平均2万4000人から2万7000人と、1割以上増加したと推定されている。

 清凉里やミアリテキサスのような売春街は、特別法施行前は全国に約70カ所あったものが、40カ所台に減った一方で、形を変えた性風俗業は、雨後の竹の子のように増えたともいわれる。

 代表的なものが「ルームサロン」と呼ばれる高級個室クラブで、飲酒接待後に「二次」と称して女性をホテルに連れだし、売買春行為が行われる。好みの女性を選ぶ「マジックミラールーム」に加え、別の階にモーテルも備えた、一つのビルで売買春を完結させる「フルサロン」と呼ばれる業態も摘発されている。

 「キス部屋」と称し、性的行為に及ぶ業種が現れたほか、インターネットを通じた“出会い”も増加しているという。

このニュースの写真

  • 「売春を罰するな」韓国で売春処罰違憲論争 女性元警察署長も「限定的容認すべし」

「ニュース」のランキング