産経ニュース

【日本の議論】「長生き本当に幸せか」問う筆者…執念消えぬ80代ストーカー、78歳AV女優、高齢者の性と犯罪 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
「長生き本当に幸せか」問う筆者…執念消えぬ80代ストーカー、78歳AV女優、高齢者の性と犯罪 

著書「老人たちの裏社会」が話題のノンフィクション作家、新郷由起さん

 80歳のストーカーから78歳のAV女優まで、ノンフィクション作家の新郷(しんごう)由起さん(47)が長寿社会の闇の部分を取材した著書「老人たちの裏社会」(宝島社)が話題を呼んでいる。性の問題のほか万引や暴行なども取り上げ、「弱者で無害なお年寄り」のイメージを覆すルポルタージュだ。自らも取材相手からストーカー被害を受けた新郷さんは、「『長生き』は本当に万人にとって幸せなのだろうか」と問い掛ける。(寺田理恵)

「JK」は熟年高齢者

 取材対象には、78歳になっても「現場の雰囲気が好きなの」と意欲を示す古希熟女市場で人気のAV女優がいれば、「今のうちにやれることはやっておこう」と現役デリヘル嬢と二足のわらじを履く69歳のAV女優もいる。いずれの女性も、高齢になってからのAVデビューだった。

 高齢者の取材を始めた新郷さんはAV業界の「JK市場」、すなわち熟年高齢者市場が活性化しているのを知った。しかし、周りの人たちに「JK」と言っても通じず、「女子高生」と勘違いされたという。長寿社会の女性の新たな生き方だった。

 高齢男性から大金を巻き上げる高齢女性もいる。著書では、腰の手術で入院した際に知り合った高齢男性らから「ここ数年で3000万円は頂いたと思うわ」と話す68歳の女性が登場。脳ドックの検査費用などを名目とした“デート援助”で、「腰のせいでエッチは無理」と伝えてあるから、相手によっては手も握らせない。

 「女性から『ちょっと困っている』といわれると、男性は自分をよく見せようと多めに包む。『お金がほしい』とはひと言もいわれず、自主的に差し出しているので、被害がなかなか表に出てこない」と、闇の深さを指摘する。

このニュースの写真

  • 「長生き本当に幸せか」問う筆者…執念消えぬ80代ストーカー、78歳AV女優、高齢者の性と犯罪 
  • 「長生き本当に幸せか」問う筆者…執念消えぬ80代ストーカー、78歳AV女優、高齢者の性と犯罪 
  • 「長生き本当に幸せか」問う筆者…執念消えぬ80代ストーカー、78歳AV女優、高齢者の性と犯罪 

「ニュース」のランキング