産経ニュース

【けいざい独談】日本の食料自給率「カロリーベース」の裏のウラ 正直、こんな指標は農業政策に無意味だ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【けいざい独談】
日本の食料自給率「カロリーベース」の裏のウラ 正直、こんな指標は農業政策に無意味だ

自給率指標は必要ない

 今後、TPP交渉が妥結すれば、関税率が下がり安価な食料品の輸入が急増する可能性が高まっており、カロリーベースの食料自給率は近い将来25%程度まで落ち込むとの予測もある。カロリーベースの自給率目標はあくまで“努力目標”で、日本の農業の競争力強化につながった指標でないことは明白である。

 また、食料安全保障の観点からも、今後食料輸入がすべて途絶えることは想定しにくく、世界トップクラスの農業生産技術を持つ日本で国民が飢えることはなさそうだ。農家にとっては自給率目標達成のための政策よりも、農家の所得向上のための具体的な政策を講じることの方がはるかに重要である。そうした観点から総合的に判断すると、カロリーベースの食料自給率という指標は、ハッキリ言って必要ない。(西村利也)

「ニュース」のランキング