産経ニュース

【CMウオッチャー】下戸じゃなかった「孤独のグルメ」の松重豊…今やCMの売れっ子、ヱビスビールCMで新境地開拓

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【CMウオッチャー】
下戸じゃなかった「孤独のグルメ」の松重豊…今やCMの売れっ子、ヱビスビールCMで新境地開拓

人気ドラマ「孤独のグルメ」と同様、「ことさら演技ではなく、おいしいという実況を行うことにこだわった」と語る松重さん

 テレビ東京の深夜ドラマ「孤独のグルメ」。知る人ぞ知る庶民的な店を舞台に「これでもか」といった形で大量の料理が提供され、主人公の井之頭五郎が平らげていくといったシンプルな構成だが、すでにシーズン4までオンエアされた大人気番組だ。別称「深夜の夜食テロ」。ちょうど小腹が空く時間帯に放映されることからそう名付けられ、中国や韓国、台湾などアジア諸国でも人気が高い。その井之頭を演じる俳優、松重豊さん(52)が3月下旬からオンエアされているヱビスビールの新CMに登場している。

 「五郎ちゃん」の設定は下戸。このため松重さんには、「お酒を飲めない」といったイメージを持つ人も少なくないというが、実はヱビスビールをはじめアルコール類が大好き。ただ、若い頃は「何か特別なご褒美といった思い入れがある」といったように、ビールを好きなだけ飲むといった環境にはなかった。

 松重さんは昭和61年に明治大学を卒業するのと同時に、蜷川幸雄さんが主宰する「ニナガワ・スタジオ」に所属。身長190センチ(現在は188センチ)という体格を武器に大役を演じたこともあるが、仕事が頻繁に舞い込むわけではない。バイト生活を強いられるなど収入は常に不安定だった。

このニュースの写真

  • 下戸じゃなかった「孤独のグルメ」の松重豊…今やCMの売れっ子、ヱビスビールCMで新境地開拓

「ニュース」のランキング