産経ニュース

【日本の議論】余っていたはずの公認会計士がなぜ不足? 受験離れの背景に金融庁の失策も…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
余っていたはずの公認会計士がなぜ不足? 受験離れの背景に金融庁の失策も…

公認会計士試験の願書提出者数と合格者数の推移

 大手監査法人の新日本、トーマツ、あずさの3法人は今年、いずれもほぼ計画通りの300人程度を確保。しかし、ある大手監査法人の中堅社員は「マネジャークラス、いわゆるベテランの流出が深刻で、新人だけで補うのは苦しい。若手が多くなり、人材の量はもちろんのこと、質の問題も大きい」と漏らす。監査法人を退職した会計士は、新たに会計事務所を立ち上げ、報酬の高いコンサルティング業務などをしているケースがあるという。

 ある大手監査法人の人事担当者は「受験者の減少に歯止めが掛かっておらず、急に受験者を増やす方法もない」とし、近年は各大手監査法人や予備校が連携して大学などで会計学の魅力を伝える活動を地道に続けているという。

 監査法人の中には会計士の業務を補佐するスタッフを臨時採用したり、最終試験に合格していなくても会計士を目指す人を採用したりして、人材を確保するために工夫を凝らしている。

 特に深刻なのは中小の監査法人だ。やはり待遇面から学生の大手志向も強く、採用活動をしたにもかかわらず採用がゼロだった法人もあった。また、数人を採用できたとしても「大手の採用状況次第で採用できる年とできない年がある」(中堅監査法人の採用担当者)と打ち明ける。

「ニュース」のランキング