産経ニュース

【経済インサイド】PC、TVと同じ道を歩む「日の丸スマホ」、日本メーカー“完全撤退”の危機…「アップル」と「中国」に挟まれ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
PC、TVと同じ道を歩む「日の丸スマホ」、日本メーカー“完全撤退”の危機…「アップル」と「中国」に挟まれ

 “日の丸スマホ”が、おひざ元の国内市場で海外勢に押されて苦戦している。平成26年の国内のスマホ出荷台数シェアは、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」が6割近くまで上昇、韓国サムスン電子と合わせると、6割強を海外勢が占める。こうした海外勢の攻勢で、国内勢の存在感は年々薄れており、前年4位の富士通はベスト5から姿を消した。低価格で高機能な端末を販売する中国勢も日本市場への本格参入を虎視眈々と狙っており、日の丸スマホは、さらなる窮地に立たされそうだ。

「日本人の6割がアイフォーンユーザー」

 「ついに日本人の6割がアイフォーンを使う時代になるとは…」と肩を落とすのは、国内のスマホメーカーの幹部。調査会社IDCジャパンによると、26年の国内のスマホ出荷台数シェアは、アップルが前年比12.7%ポイント増の58.7%まで高めた。

 一方、国内勢はソニーが前年と同じ2位を確保したものの、1.7ポイント減の14.2%。経営が悪化しているシャープも前年同様の3位だったが、0.7ポイント減の11.4%とシェアを落とした。前年4位で8.1%だった富士通は半分近くシェアを落とし、ベスト5の外に消えた。

「ニュース」のランキング