産経ニュース

【スポーツ記念日】怪物vs天才 「松坂」「イチロー」初対決(1999年5月16日)

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ記念日】
怪物vs天才 「松坂」「イチロー」初対決(1999年5月16日)

【西武―オリックス】オリックス・イチロー(手前右)を3連続三振にしとめ、“初対決”に勝利した西武・松坂大輔=西武ドーム

 松坂は八回まで13奪三振の快投をみせ、3安打無失点で勝ち投手になった。後半になってからも直球は150キロ台を連発。最速は154キロを計測した。イチローとの対決が松坂の潜在能力を引き出した。

 一方、18歳にキリキリ舞いさせられたイチローは「久しぶりに勝負以外でも楽しむことができた」と悔しさよりも新たなライバル登場をどことなく楽しんでいる様子だった。試合前に松坂の投球ビデオを見て対策をしてきたが、お手上げ状態。「速いまっすぐ(直球)もよかったが、変化球の力もすばらしい。見逃した2打席目は、頭の中のイメージとは違うところ(外角寄り)へ球が来たし、空振りした3打席目は、外してくるかと思ったら、ストライクゾーンへ来た」と相手を手放しでほめた。

 「平成の怪物」と「天才打者」の球史に刻まれる名勝負はこうして始まった。その後、イチローは2001年、松坂は07年に米大リーグへ移籍。メジャーの舞台でも対決を実現させている。

 今季、イチローはヤンキースからメジャー3球団目となるマーリンズに移籍した。一方の松坂は、ソフトバンクに移籍し、日本球界に復帰した。「平成の名勝負」が見られなくなったのは、ちょっぴり寂しい。=敬称略 (神)

このニュースの写真

  • 怪物vs天才 「松坂」「イチロー」初対決(1999年5月16日)
  • 怪物vs天才 「松坂」「イチロー」初対決(1999年5月16日)
  • 怪物vs天才 「松坂」「イチロー」初対決(1999年5月16日)

「ニュース」のランキング