産経ニュース

【夜の政論】「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【夜の政論】
「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」

長崎産カサゴを使った魚料理に舌鼓を打ちつつ、家族政策の大切さを説く山谷えり子拉致問題担当相=東京・日比谷公園の「日比谷松本楼」(酒巻俊介撮影) 長崎産カサゴを使った魚料理に舌鼓を打ちつつ、家族政策の大切さを説く山谷えり子拉致問題担当相=東京・日比谷公園の「日比谷松本楼」(酒巻俊介撮影)

 少し寂しげな表情を浮かべる山谷さん。エネルギッシュに家庭とマスコミ、政界を生き抜いてきた立場からすれば、言いっぱなしが目立つ若手議員が歯がゆく思えるのだろか。

 逆に、今の安倍首相の雰囲気ってどうですか。

 「安倍首相ってやんちゃな面があるでしょう。冗談を言ったりして、閣僚をいつの間にか自然体にさせるような人間力があるんですよ。ぴりぴり『失敗したらどうしよう』と緊張するのでなく、『落ち着きながら全力投球しようぜ』とチーム力を高めるような、リーダーとしての魅力や資質があります。各国との首脳会談でも、ぱっとユーモアで相手の心をつかんだり、うまく長所を生かされていますよね」

 「安倍内閣は家族のようよ」と語る山谷さん。「本来日本という国家は、全体で助け合う一家族のような歴史を歩んできた。世界的にも特殊なケースじゃないかしら」とも。横田めぐみさんと両親がもう1度抱き合う日々を勝ち取らなければ、「日本は国家といえない」と思う理由もわかる。

 山谷さんは、拉致問題を啓発する政府ポスターに、めぐみさんが12歳当時の和服姿の写真を使っている。拉致される年の正月、父の滋さんが撮影したもので、穏やかな笑みを浮かべている。確かにこの写真には「家族の価値」がにじみでている。(政治部 水内茂幸)

 ◇

【日比谷松本楼】東京都千代田区日比谷公園1-2。電話03ー3503ー1451。営業時間は午前11時~午後10時(3階ボア・ド・ブローニュ)。無休(年末年始は休み)。

このニュースの写真

  • 「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」
  • 「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」
  • 「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」
  • 「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」
  • 「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」
  • 「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」
  • 「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」
  • 「拉致を解決しなければ国家じゃない」山谷担当相がこだわる「家族の価値」

「ニュース」のランキング