産経ニュース

【衝撃事件の核心】「フィリピンでは人格が変わった」買春1万2660人「元校長」は比政府から目をつけられ、日本警察に通報された

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「フィリピンでは人格が変わった」買春1万2660人「元校長」は比政府から目をつけられ、日本警察に通報された

教育誌にフィリピンのリポート寄稿

 買春行為にのめり込む一方で、高島容疑者は帰国後の5年、日本人学校での勤務経験を元に、公益財団法人「横浜市教育文化研究所」が発行している「JAN(じゃん)」という雑誌に「『WHAT‘S SCHOOL?』 こどもたちは、いつも熱い視線で語りかけてくれた 海外教育事情-フィリピン・マニラ」と題する4ページのリポートを寄稿した。

 リポートでは、冒頭でマニラ郊外のスラムについて「私には馴染(なじ)み深い場所だ。住民と共に寝起きしてみて非常なやすらぎを覚えた」と記し、スラムで出会った学校に行けない貧しい子供たちとの交流について触れていた。

 「物質的に豊かになったことでなくしてしまった心の中の尊いものを、持たざる彼らの中に見つけた気がした」

 「学校へ来る機会に乏しい子供たちに、学校は何かしてあげられないのでしょうか」

 リポートからは、フィリピンで暮らす貧しい子供たちに心を寄せる、真面目な教師の姿が思い浮かぶが、高島容疑者が買春した少女たちこそ、このような貧しい境遇だったに違いない。

元教え子「裏切られた気分」

 高島容疑者は逮捕翌日の4月9日、逃亡や証拠隠滅の恐れがないなどとして釈放され、在宅での捜査に切り替えられた。

 横浜市金沢区の東京湾が望める高台にある自宅で、妻子とともに3人で暮らしている。周囲は閑静な高級住宅街で、窓にはステンドグラスもはめ込まれた大きな洋風の建物だ。車庫には高級車が止まっていた。市教委によると、退職金は約3千万円だったという。

このニュースの写真

  • 「フィリピンでは人格が変わった」買春1万2660人「元校長」は比政府から目をつけられ、日本警察に通報された

「ニュース」のランキング