産経ニュース

【中国トンデモ事件簿】偽薬密造の女が心臓病「自分で作った偽薬、死んでも飲まぬ」 中国TV取材映像が大反響 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【中国トンデモ事件簿】
偽薬密造の女が心臓病「自分で作った偽薬、死んでも飲まぬ」 中国TV取材映像が大反響 

 中国北京市で3月末、警察当局が偽薬の密造拠点を一斉捜査し、犯人グループを摘発した。アジトにいた男は密造を否認し続けたが、近くにいた容疑者の妻が発作を起こし、効き目のない偽薬だと認めざるを得ない展開になった。 

 ブランド品に腕時計、スマートフォン…。中国には数多の偽物が横行しているが、フカヒレからミネラルウオーターまで、人間の口に入るものも例外ではない。高価な医薬品もそうだ。

 北京のテレビ局BTVはこのほど、偽薬密造グループの摘発に同行取材した際の模様を放送した。

 「これは何の薬だ」

 「知らない」

 「知らないのに何でここにあるんだ」

 「他の人間からここに置いておけと頼まれたんだ」

 3月30日午前、北京市豊台区の密造拠点を捜査チームに急襲された容疑者の男(30)は、しらを切り続けた。だが、とても薬品工場には見えない平屋の室内からは、大量の心臓病の薬や箱に貼るシールが見つかった。 

 次に捜査チームが向いの平屋に移動すると、そこでは男の妻が、偽薬の錠剤を容器に詰める作業をしている最中だった。

 「妻は関係ない」

「ニュース」のランキング