産経ニュース

【生活の知恵】「入園グッズは手作りで」幼稚園・保育園から求められ母親は…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【生活の知恵】
「入園グッズは手作りで」幼稚園・保育園から求められ母親は…

幼稚園、保育園の入園時に準備する手作り品の数々。インターネット上での投稿や、外注も盛んになっている(写真はコラージュ)

 4月の幼稚園や保育園の入園時期。新しい一歩を踏み出したわが子の姿に胸を熱くした保護者も多いだろう。入園や進級に際して2、3月に開かれた説明会で「手作り品」の準備を求められ「大変だった」という声をよく聞く。子供が使うシーツやエプロン、スモック(遊び着)などを「手作りで」と園から求められることが多いからだ。最近は、写真中心のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)への手作り品の投稿も盛んで、参考になると好評の半面、「こんなに上手に作れない」というプレッシャーから、手作り品の“外注”も多くなっている。そもそも手作り品を外注したら、「親による手作り」ではなくなってしまうのだが…。(村島有紀)

園によって異なる「準備品」

 「えーっ、シーツを縫うんですか? うち、ミシンがないんですけど…」

 神奈川県内の保育園に、0歳児の長女を入園させた母親(40)は、3月の入園説明会で掛け布団、敷布団用のシーツを作ることを求められ、戸惑った。園にある布団の大きさに合わせたもので、指定サイズのシーツは市販されていない。

 母親は洋裁・手芸の趣味はなく、「シーツを縫うためにミシンを買うのはもったいない。子供が起きている間は、針を持つのは危ない」と結局、近くの手芸店に“外注”することにした。費用は布代込みで約1万円。母親は「忙しいから保育園に預けるのに、手作りのシーツを求めるなんて、全く意味がわからない」と不満を隠さない。

 また、都内の保育園に長女を通わせる母親は、シーツだけでなく、エプロンや手提げかばんなども注文し、材料費込みで約2万円かかった。保育園から求められたのは、いずれも市販されていないタイプものばかりで、親の“手作り”が前提だ。「みんな一緒の生地で園が用意すればいいと思う。そんなに、働く母親を追い詰めないでほしい」と漏らす。

「ニュース」のランキング