産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】「就活仲間」を絶対につくっておけ 心の“安定剤”、最新の情報入手…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
「就活仲間」を絶対につくっておけ 心の“安定剤”、最新の情報入手…

「就活友達」をつくっておくと、いろいろ心強い=大阪府豊中市の大阪大学豊中キャンパス 「就活友達」をつくっておくと、いろいろ心強い=大阪府豊中市の大阪大学豊中キャンパス

 就職活動は孤独との戦いです。説明会に参加するのも当事者1人ですし、選考も当事者1人で受けます。そのため、「就職活動は1人で行うもの」といった印象を強く持ってしまう方が多くなりがちです。実際、就職活動のことを誰にも相談しない方もいます。そこで今回は、就活仲間を作ることの重要性を考えていきます。

心の「安定剤」

 就職活動は「受かった」「落ちた」の結果が繰り返し突きつけられます。これまでの受験勉強は頑張った分だけ点数が上がり、明確に結果が分かりました。しかし、就職活動はそうはいきません。エントリーシートやグループディスカッション、面接においては企業ごとに評価基準が異なり、その結果を共通項目で表すことのできないものです。そのため、手応えがあっても落ちることもありますし、その逆も存在します。実際、内定塾の塾生も数社から内定をもらえていても、受けた企業すべてから内定をもらえているわけではありません。この点、数値で明確に表せない経験は人生で初めてである方が多いため、精神的負担になりやすいものです。不安な気持ちが強くなり、その気持ちが就職活動の内容に影響して、悪循環を生んでしまいます。「書類選考が通過しない」「面接がうまくいかない」「なんかもやもやする」・・・このような気持ちを誰かに話すことですっきりします。すぐに悩みが解決するわけではないですが、前向きな気持ちで就職活動に臨める一因となってくれるはずです。

「ニュース」のランキング