産経ニュース

【スゴ技ニッポン】燃費「世界一」を実現したスズキ「アルト」の秘密

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スゴ技ニッポン】
燃費「世界一」を実現したスズキ「アルト」の秘密

 エコカーの開発競争がますます激しさを増す中、スズキの新型軽自動車「アルト」が驚きの数字をたたき出した。ガソリン1リットル当たり37.0キロ。これはトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「アクア」と並び、世界一の低燃費となる。その秘密は、ただでさえ車両重量が軽い軽自動車をさらに約1割も“減量”した徹底的な軽量化にあった。

車両重量を1割削減

 「これほどの軽量化が果たして可能なのか…」。新型アルトにかかわったスズキ幹部は当初、社内で決まった開発方針の実現に自信がなかったという。

 車両重量は610キロで、前モデルと比べ60キロも軽い。4人乗りの乗用車では国内最軽量だ。価格を抑え、燃費性能を向上させるため、軽メーカーは既に軽量化を徹底して追求している。それをさらに1割減らすのだから、並大抵の目標ではない。部品の形状や材料を一つ一つ見直す努力を重ねるしかなかった。

 最も寄与したのはボディーだ。アルトでは、新開発したプラットホームを初採用した。硬い鋼材を滑らかに曲げる技術を確立し、従来は前後に分かれていた骨格部分を連続した形に見直した。これにより、ぶつかったときの衝撃を前後左右に逃すことができ、使用する補強部品の量を減らすことができた。またフェンダー(泥よけ)を初めて樹脂製にするなど軽い樹脂部品も多用した。

このニュースの写真

  • 燃費「世界一」を実現したスズキ「アルト」の秘密

「ニュース」のランキング