産経ニュース

【日本スプリントの挑戦】(23)より速くなるために 山県亮太は米国行きを決めた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本スプリントの挑戦】
(23)より速くなるために 山県亮太は米国行きを決めた

4月2日、セイコーホールディングスに入社した山県亮太は、目標タイム「9秒99」が表示された電光掲示の横でポーズを取った

 ウエートトレーニングに注意深かったのは、筋肉が付きやすい体質であることも影響している。今回、68キロだった体重は米国から帰国し、テキサスリレーで再渡米した頃には71キロ超まで増えていた。帰国時の150メートル走などでは、なかなかスピードが上がらなかった。

■米国の先達、大迫傑との電話

 山県は昨季までの教訓から、次の2点を今後の重要な課題と見据えていた。けがをしにくい体を作ることと、出力を大きくすること。

 冬季練習からジョグや体幹トレーニングの際に10キロの重さのジャケットを着て負荷を掛けるようになったのも、その一環である。ウエートトレーニングに関しても今では「足を速くする手段としてやっている人がいるので、やらないで後悔したくはない」と捉えている。

このニュースの写真

  • (23)より速くなるために 山県亮太は米国行きを決めた

「ニュース」のランキング