産経ニュース

【アメリカを読む】広がる賃上げ、米で激化する労働力獲得競争…オバマ思惑通りも産業界「政府は介入するな」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【アメリカを読む】
広がる賃上げ、米で激化する労働力獲得競争…オバマ思惑通りも産業界「政府は介入するな」

3月26日、アラバマ州バーミングハムのコミュニティーカレッジで演説し、改めて最低賃金の引き上げを求めるバラク・オバマ大統領。会場には、中間層を支援するオバマ政権の政策「ミドルクラス・エコノミクス」の看板も掲げられた(ロイター)

 好調な経済状況が続く米国で賃上げの流れが強まっている。米小売り最大手のウォルマート・ストアーズが2月に従業員の賃金を引き上げると発表したのに続き、3月には同業のターゲットも賃上げを発表。米経済の堅調な拡大を背景にして、労働者の獲得競争が激しくなっているかたちだ。こうした賃上げの流れは昨年以降、最低賃金10.10ドルの実現を目指した動きを加速させてきたバラク・オバマ米大統領(53)にとって思惑通りの展開といえる。ただし今回の賃上げが労働者の生活に与える影響は不透明で、オバマ政権は今後も企業に労働者の待遇改善を求める考えだ。

ウォルマートが先鞭

 「賃金が上がっているのは良いニュースだ。数多くの家族を助けることになる」。オバマ氏が3月26日、アラバマ州の地域短期大学(コミュニティーカレッジ)での演説で賃上げの流れに触れると、聴衆から大きな拍手が湧き上がった。

 賃上げの流れを強めたのは賃金の安さで労働組合から批判されることの多いウォルマートだった。ウォルマートが2月に発表した賃上げは最低賃金を4月から1時間当たり9ドルとし、さらに来年には10ドルまで引き上げるというもの。ウォルマートにとっては年間10億ドル(約1200億円)の負担増だが、約50万人の従業員が恩恵を受けるという。

「ニュース」のランキング