産経ニュース

【外交・安保取材の現場から】意外な構図「日韓vs中国」となった日中韓外相会談…「場当たり」韓国と「偏屈」中国に溝? それでも油断はできない

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【外交・安保取材の現場から】
意外な構図「日韓vs中国」となった日中韓外相会談…「場当たり」韓国と「偏屈」中国に溝? それでも油断はできない

3月21日、日中韓外相会談を前に握手する(左から)岸田文雄外相、韓国の尹炳世外相、中国の王毅外相=ソウル(共同)

 3年ぶりにソウルで開催された3月21日の日中韓外相会談では、安倍晋三首相が夏に発表する戦後70年談話をめぐる歴史認識問題で中国と韓国が反発した。ただ、最大の焦点だった首脳会談については、戦後70年談話を“歴史カード”としたい中国が早期開催に難色を示したにもかかわらず、「最も早期で都合の良い時期で努力する」との共同発表文書がまとまった。そこには“日韓対中国”という不思議な構図があったようだ。

 「文言調整は難航したが、最後にぶちこんでやった」

 日中韓外相会談を終えた日本の外務省首脳は、首脳会談の開催時期について、「最も早期」と書かれた共同発表文書の6項を念頭にこう勝ち誇った。中国が開催時期の明記に難色を示す中、会談直前まで行われた文言調整で、早期開催を望む日本の意向が反映されたからだ。

 共同発表文書では、4項に書かれた「歴史を直視し、未来に向かうとの精神の下、3カ国が諸課題に適切に対処する」という表現も注目を浴びた。

 この文言について、中国の王毅外相は共同記者会見で、「今日の会談で最も重要で、最も意義のある成果だ」と強調した。ただ、同じ表現の文言は、平成21、22年の日中韓首脳会談で出された文書に記載されている。

このニュースの写真

  • 意外な構図「日韓vs中国」となった日中韓外相会談…「場当たり」韓国と「偏屈」中国に溝? それでも油断はできない
  • 意外な構図「日韓vs中国」となった日中韓外相会談…「場当たり」韓国と「偏屈」中国に溝? それでも油断はできない
  • 意外な構図「日韓vs中国」となった日中韓外相会談…「場当たり」韓国と「偏屈」中国に溝? それでも油断はできない
  • 意外な構図「日韓vs中国」となった日中韓外相会談…「場当たり」韓国と「偏屈」中国に溝? それでも油断はできない

「ニュース」のランキング