産経ニュース

【政界徒然草】「カジノ法案」視界不良 「東京五輪までの開業」にこれだけタイトな“政治スケジュール”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政界徒然草】
「カジノ法案」視界不良 「東京五輪までの開業」にこれだけタイトな“政治スケジュール”

カジノを中心とする統合型リゾート施設整備推進法案の再提出方針を了承した超党派議員連盟の総会=3月30日、衆院第1議員会館

 法案は、IR整備の検討チームが内閣官房に設置されている関係で、衆院内閣委員会に付託される公算が大きい。ところが、内閣委は女性活躍推進法案や個人情報保護法案など政府提出の重要法案を抱えている。IR法案の審議は後回しになる可能性が高い。

 安倍晋三首相が昨年、太田昭宏国土交通相にIR整備を担当するよう指示したことから、「衆院国土交通委員会に付託すればいい」との考えも浮上している。今国会で国交委に付託された重要法案が少なく、スムーズにIR法案が審議されるとの期待もある。

 問題は、太田氏は公明党出身であることだ。公明党がIR法案に乗ることが前提になる。

 公明党問題がクリアしても課題がある。安全保障関連法案が後半国会の最重要法案として国会で集中的に審議される。太田氏も安保法案の答弁閣僚として呼び出されるという。閣僚欠席のまま法案を審議するわけにもいかず、国交委での審議も実は時間との戦いになる。

このニュースの写真

  • 「カジノ法案」視界不良 「東京五輪までの開業」にこれだけタイトな“政治スケジュール”
  • 「カジノ法案」視界不良 「東京五輪までの開業」にこれだけタイトな“政治スケジュール”

「ニュース」のランキング