産経ニュース

【トレンド日本】「森林セラピー体験」ストレス発散、リラックス…科学的に実証

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
「森林セラピー体験」ストレス発散、リラックス…科学的に実証

ガイドの説明を受ける森林セラピー体験の参加者。五感で自然を感じてリラックス=鳥取県智頭町の芦津渓谷

 林業が主な産業だった同町が基地の認定を受けたのは平成22年。年間約1500人が利用し、1人で参加する30~40代女性も多いという。長谷川さんは「巨木と渓谷の深い森でリラックスできるのが特長。女性のガイドもいるので安心して参加してほしい」。

オーダーメードのプランも

 「信州・信濃町 癒しの森」(長野県信濃町)のセラピー体験は企業の新入社員研修で使われることも多い。

 森の中のウオーキングや木を刈るといった作業を通じ、新社会人となる若者にストレスの発散法を身につけてもらう効果が期待されている。

 個人利用では1泊2日のコースが人気。同町の産業観光課は「好みに応じたセラピー体験をしてもらうため、到着と同時にガイドが利用者に合わせたオーダーメードのプランを作成している。満足度が高く、リピーターも多い」。関東や中部地方からシニア世代の夫婦や40~50代女性がグループで訪れることが多く、年間約4600人が利用している。

 森林浴のセラピー効果を科学的に解明する研究をしている千葉大環境健康フィールド科学センターの宮崎良文教授は「常に緊張を強いられる都市生活者に森林セラピーを活用してほしい」と話す。「五感や感性には個人差があるので、その人に合ったセラピー体験を選ぶことが大事。ホームページなどで基地・ロードの特長やどんな体験ができるかを調べ、自分の好みに合った場所に出かけるといい」としている。

     ◇

森林セラピー基地・ロード

 森林環境の整備状況や実証実験による脈拍や血圧、ストレス度などの検証結果を総合し、リラックスや健康増進の効果が認められた森林をNPO法人「森林セラピーソサエティ」(東京都千代田区)が認定。全国に60カ所ある。手作り体験や農家に宿泊できるところもあり、森林浴と合わせてさまざまな体験が楽しめる。

このニュースの写真

  • 「森林セラピー体験」ストレス発散、リラックス…科学的に実証

「ニュース」のランキング