産経ニュース

【プロ野球通信】「肘井」の名前を全国に ロッテの育成出身の19歳が夢見るサクセスストーリー

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロ野球通信】
「肘井」の名前を全国に ロッテの育成出身の19歳が夢見るサクセスストーリー

DeNA戦が雨天中止となり、スライディングパフォーマンスをするロッテ肘井竜蔵=千葉・QVCマリンフィールド(戸加里真司撮影)

 ■活躍で知名度アップを

 肘井は兵庫・加東市出身だが、本人によれば先祖は九州地方の出身だという。「珍しい名字なので、活躍して『肘井』の知名度を上げたいです」と意気込む。

 3月12日の日本ハムとのオープン戦ではさっそく代打で出場し、クロッタから痛烈な右前打を放った。開幕1軍入りを強烈にアピールする一打に「ずっと準備はしていました」と胸を張った。

 ロッテの育成選手といえば、これまでにも1軍の主力選手として活躍している選手がいる。岡田外野手は育成選手を経て、今やチームの名手として成長した。昨年は31セーブを挙げ、侍ジャパンのメンバーにも選出された西野勇士投手も、もとは育成選手出身だ。肘井も「ロッテには育成出身のすごい先輩がいる。続いていきたいし、続いていかないといけない」と表情を引き締める。

 入団当初は捕手だったが、打力を生かすため外野手転向も決まった。「外野手はそんなに甘いものじゃないと思うけど、打点を稼げるような選手になりたい」。自慢のバッティングに磨きをかけて、「肘井」という名字を全国のプロ野球ファンにとどろかせる。

このニュースの写真

  • 「肘井」の名前を全国に ロッテの育成出身の19歳が夢見るサクセスストーリー
  • 「肘井」の名前を全国に ロッテの育成出身の19歳が夢見るサクセスストーリー

「ニュース」のランキング