産経ニュース

【衝撃事件の核心】キャバクラ「51万円」請求された客は退職強要され、酷使され、富士山麓へ逃げた…「ぼったくり」に遭ったらどうすればいいか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
キャバクラ「51万円」請求された客は退職強要され、酷使され、富士山麓へ逃げた…「ぼったくり」に遭ったらどうすればいいか

 「払えないなら、うちで働け」。客に法外な値段を請求した上、むちゃな言いがかりで客に仕事を辞めさせ、引っ越しまで強要していた東京都新宿区の歌舞伎町にあるキャバクラ店が警視庁に摘発された。被害者は金も記憶もなくなっており、キャバクラ店でトイレ掃除をした後、恐怖のあまり富士山麓の樹海を目指し逃走…。2日間でめまぐるしい展開をたどったぼったくり事件は、店側が恐怖で被害者の心まで支配していた。その日、店で何があったのか。

寝入って起きたら51万円…屈強な従業員に取り囲まれ

 被害者となる男性(32)は、大手居酒屋に勤務していた。事件のあった昨年12月1日は未明に業務を終え、歌舞伎町界隈(かいわい)で1人で酒を飲み、だいぶ酔っ払っていた。締めのラーメンを食べたところで、気持ちよく帰宅しようと歩いていたところだった。

 キャバクラの客引きが現れる。

 「1時間4千円ですよ」

 安い。しかも、この日は給料を受け取った日。懐には現金約20万円があった。「気が大きくなっていた」と男性は後で振り返る。誘われるまま、「CLUB Cenote(セノーテ)」に入店した。午前4時ごろだった。

「ニュース」のランキング