産経ニュース

【スポーツ異聞】遂に「緊迫した状況」と韓国首相 それでも「順調」と言い続ける平昌五輪組織委

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
遂に「緊迫した状況」と韓国首相 それでも「順調」と言い続ける平昌五輪組織委

平昌五輪のジャンプ会場は安全面に問題との理由で、冬季体育大会が中止された(AP)

 財政難や遅々として進まない準備状況などによって不協和音が伝えられる2018年平昌五輪。韓国内には五輪開催を危ぶむ声がやまず、ネットには「200%失敗する」などの意見が蔓延している。そして、遂に李完九首相までが「緊迫した状況である」と踏み込んだ発言をしたという。ところが、五輪組織委員会の趙亮鎬委員長は「全体的に準備は順調」と語り、現状認識に対する温度差を見せつけた。

 韓国・聯合ニュースによると、李完九首相は5日、五輪組織委の趙亮鎬委員長と会談。李首相は五輪開催まで3年を切り、テストイベントなどの実施を考慮すると「非常に緊迫した状況である」との認識を示した。また、準備状況が遅れているという指摘を払拭し、完璧な準備を進めるために「組織委、江原道、文化体育観光部が三位一体となって協力し合ってほしい」と要望した。

「ニュース」のランキング