産経ニュース

【消えない戦慄 地下鉄サリン事件20年(1)前半】地下鉄サリン当日、麻原死刑囚「今日、いいこと起きている」 本紙単独取材に四女明かす

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【消えない戦慄 地下鉄サリン事件20年(1)前半】
地下鉄サリン当日、麻原死刑囚「今日、いいこと起きている」 本紙単独取材に四女明かす

麻原彰晃死刑囚が逮捕された山梨県旧上九一色村の教団施設「第6サティアン」(中央の写真は逮捕時、平成7年5月16日撮影)。現在の跡地は草が生い茂り、世界を震撼させた現場を想起させるものは残されていない=14日、山梨県富士河口湖町(奈須稔撮影)

 オウム真理教による一連の事件を首謀した教祖、麻原彰晃(60)=本名・松本智津夫。その四女(25)が地下鉄サリン事件の発生から20年を控え、産経新聞の取材に応じた。

 平成7年3月20日、教団最大の拠点があった山梨県旧上九一色村。その建物群の一つ、麻原ファミリーが暮らす重要施設「第6サティアン」の麻原の部屋の前で、四女は父と立ち話をしていた。

 「今日はいいことが起きているんだよ」

 麻原はこう言い、冷たく笑った。その直後、教団幹部らが緊張した面持ちで現れた。「向こうに行っていろ」。四女は父に追い払われ、父と幹部らは部屋の中に消えていった。

 この日朝、東京都心で地下鉄サリン事件が起きた。このとき、四女は5歳。父との立ち話は、幼少期の鮮烈な記憶となっている。

“最後の別れ”はせず

 その2日後、警視庁などによる強制捜査が始まる。「麻原、どこだ!」。連日のように捜査員の声がこだました。約2カ月後の5月16日、第6サティアンにあった隠し部屋で、現金を抱えた麻原が発見された。「尊師(麻原)が捕まる」。近くにいた信者に“最後の別れ”をしに行くよう促されたが、なぜか足が動かなかった。

このニュースの写真

  • 地下鉄サリン当日、麻原死刑囚「今日、いいこと起きている」 本紙単独取材に四女明かす

「ニュース」のランキング