産経ニュース

【トレンド日本】サブカル発信の街、渋谷を再び 新たな「拠点」が大盛況

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【トレンド日本】
サブカル発信の街、渋谷を再び 新たな「拠点」が大盛況

ユーロライブの入るビルは円山町の一角にある=東京都渋谷区(藤井克郎撮影)

 東京・渋谷はかつて、とがった刺激を求めて多くの若者が集まるサブカルチャーの一大発信地だった。そのころの勢いを取り戻したいと、この街に昨年秋、多目的のライブスペース「ユーロライブ」がオープン、笑いありトークありの多彩な出し物で評判を呼んでいる。果たして新たな文化創造の場になるのだろうか。(藤井克郎)

拠点は円山町に

 2月25日の夕刻。ラブホテルとクラブが混在する渋谷区円山町の一角、ビルの2階にあるユーロライブに向かうと、開演まで2時間もあるというのにすでに数人の若者が列を作っていた。聞けば前売り券は2日で完売しており、立ち見券を求める列だった。

 この日は「町山智浩の映画塾!」と題し、米国在住の映画評論家、町山さんが評論家の切通(きりどおし)理作さんを相手にトークを繰り広げた。取り上げる映画は押井守監督の「イノセンス」や新房(しんぼう)昭之監督の「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ」といったアニメ作品で、デカルトや世阿弥などの言葉を引用しながら縦横無尽に語り尽くす解説に、178席を埋め尽くした観客が沸き返る。

 昨年11月のオープニングでも3日連続で出演した町山さんは「もっと会場のみんなで語る場にしたらいいと思う。日本は観客とわいわいやる場がないですからね」と期待を寄せる。

このニュースの写真

  • サブカル発信の街、渋谷を再び 新たな「拠点」が大盛況
  • サブカル発信の街、渋谷を再び 新たな「拠点」が大盛況

「ニュース」のランキング