産経ニュース

【スポーツ記念日】「韓国には向こう30年、日本には手を出させない」で標的になったイチロー WBC世界一で残った日韓“禍根”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ記念日】
「韓国には向こう30年、日本には手を出させない」で標的になったイチロー WBC世界一で残った日韓“禍根”

WBC2次リーグで、日本に勝利して歓喜する韓国ナイン(原田史郎撮影)

 なんとか準決勝に進出した日本は、韓国と大会3度目の対戦。イチローは「3連敗したら日本球界に汚点を残す」と決意と覚悟をナインに促した。結果、日本は6-0で韓国に雪辱を果たし、決勝進出を決めたのである。

 「三度目の正直」で韓国に勝利したイチローは「野球はけんかじゃないけど、そういう気持ちで戦った。2度負けたが、本当は勝って当然。勝つべきチームが勝たなければならない。それは僕らだ」と胸を張った。

 日本はその後、2連覇を果たしたが、13年の第3回では準決勝敗退。17年に開催予定の第4回WBCに向けて、日本代表の常設化が決定。元ソフトバンクの小久保裕紀が代表監督に就任し、世界一奪還を狙っているが、宿敵・韓国との一戦はどこよりも熱くなりそうだ。=敬称略(神)

「ニュース」のランキング