産経ニュース

【経済インサイド】なぜ外れる「GDP予測」 官民とも惨敗続きの理由

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
なぜ外れる「GDP予測」 官民とも惨敗続きの理由

 国の経済力である国内総生産(GDP)の民間予測が大きく外れる状況が続いている。平成26年7~9月期のGDP速報値は民間が実質年率で2%程度の増加と見込んだにも関わらず、結果は全く逆の1.6%の減少。1カ月後の改定値では民間の上方修正予想に反し、結果は1.9%減への下方修正となり、またも大きく乖離(かいり)した。2月16日に発表された26年10~12月期のGDP速報値も民間予測が3%台半ば~後半の増加にも関わらず、実際は2.2%増にとどまった。こうした読み誤りが続く背景には、GDP統計特有の問題もありそうだ。

また外れたか

 「結果的にはまた外れた形ですね」。平成26年10~12月期GDP速報値について実質年率で3%台半ばと予想をしたあるエコノミストは内閣府の公表後、こうつぶやいた。

 国の経済力を図る指標として4半期ごとに集計され速報値と改定値の2回公表されるGDP統計は、市場の大きな関心事だ。主要民間エコノミストは、政府が発表する各種統計からGDPを構成する個人消費や設備投資、輸出入など各項目を独自に試算し、成長率予想を発表している。

 民間予想の平均値は市場予測とされ、内閣府の発表がその市場予測を上回ったか下回ったかは、株式市場や為替市場に大きな影響を与えることもある。

「ニュース」のランキング