産経ニュース

【ビジネス解読】「中国ビジネス」退避か推進か 逃げ出す香港財閥、食い込む伊藤忠、真逆の「経営判断」の行方は

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
「中国ビジネス」退避か推進か 逃げ出す香港財閥、食い込む伊藤忠、真逆の「経営判断」の行方は

建設工事が進む中国・北京。経済成長は鈍化傾向にある(AP)

 金融や不動産、資源開発など幅広い事業を手掛ける“赤い財閥”に、伊藤忠は2011年に包括提携し、傘下の金融会社に出資している。今回は香港市場に上場する持ち株会社に資本参画。切っても切れない関係となり、命運を共にする賭けに踏みこむことになる。

 伊藤忠は、共産党の既得権益層と深く結びつく本丸のCITICの懐にCPとともに食い込むことで、中国の市場を内部からこじ開ける“見えざる鍵”を得られると判断したのだろう。

 CPが得意とする食糧関連のビジネスもなお市場性は大きそうだ。CITICがもつ投資機能を磨き上げることで、中国以外の第三国投資で伊藤忠の出番もある。伊藤忠は1972年の日中国交正常化以前から、当時社長だった越後正一氏(1901~1991年)の強い意志で、ダミー会社を使わずに対中ビジネスに直接取り組んできた数少ない商社。日本企業として常に、中国市場を先駆けて開拓してきたとの自負と自信が読み取れる。

 共産党が牛耳る独占的な「国家経済」に食らいついて、中国市場の成長性を自社の成長にどう取り込むのか。あるいはCITICを手始めとした国有企業改革に、伊藤忠とCPが新たな血を注ぎ込むことで中国の経済構造そのものを将来的に大きく変革させることも夢ではない。

「ニュース」のランキング