産経ニュース

【ビジネス解読】「中国ビジネス」退避か推進か 逃げ出す香港財閥、食い込む伊藤忠、真逆の「経営判断」の行方は

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ビジネス解読】
「中国ビジネス」退避か推進か 逃げ出す香港財閥、食い込む伊藤忠、真逆の「経営判断」の行方は

建設工事が進む中国・北京。経済成長は鈍化傾向にある(AP)

 李氏にとって、最重要指標は不動産市況の動向だ。都市部の不動産価格が下降に転じた一昨年以来、中国本土への依存度を引き下げる決断を行ったもようだ。中国の政治的な影響力が一段と増す香港からも、じりじり退く動きまで見せ始めた。

 他方で、長江実業の発表から11日後、伊藤忠とCPが行った発表に今度は逆の意味で市場は驚かされた。CITIC関連の株式の約20%を両社で取得するというのだ。その半分の約6000億円を出資する伊藤忠は、最終利益で年700億円程度を見込むという。

 伊藤忠の岡藤正広社長は会見で、「(CITICの)企業価値はもっと上がる。5年で売っても十分に回収できる」と巨額投資の効果に自信を示した。

伊藤忠は中国国有企業に資本参加

 ただCITICに対する国際社会の評判はあまりよくない。1979年に本格稼働した中国の改革開放路線で、当時、最高実力者だった●(=登におおざと)小平氏が深刻な外貨不足に対処するために認めた国有企業。初代理事長で、後に国家副主席まで上り詰めた栄毅仁氏とその一族が君臨した。コーポレートガバナンス(企業統治)や経営の透明性などの面からみて、CITICがどこまで国際標準を満たしているかは疑わしい。

「ニュース」のランキング