産経ニュース

【経済インサイド】人気爆発「クラフトビール」大増産 供給追いつかず流通・外食業界の注目の的 大手も“虎視眈々”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
人気爆発「クラフトビール」大増産 供給追いつかず流通・外食業界の注目の的 大手も“虎視眈々”

日本クラフトビールの新ブランド「Far Yeast」。各社とも新製品も続々投入している

 小規模なビール醸造所で品質を重視して造っている「クラフトビール」の人気が高まっている。こだわりの味が消費者に受け、醸造所の増設や新設が相次いでいる。キリンビールが出資したヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)が業界ダントツの生産量を誇るが、それに続くエチゴビール(新潟市西蒲区)や木内酒造(茨城県那珂市)などが年間3000キロリットル級の設備を整えつつあるほか、一挙に生産量を販売実績の5倍以上に引き上げる事例も出てきた。消費者を惹きつける“目玉”がほしい流通・外食業界から引き合いが殺到し、需要に供給が追いつかない状況になっている。

直営店通じ人気拡大 「継続的に設備を増強しており、年3000キロリットルの規模になる」

 そう話すのは「常陸野ネスト」ブランドのクラフトビールを販売する木内酒造の木内敏之氏。コリアンダー、オレンジピールといったスパイスを加えた「ホワイトエール」などが人気だ。同社の昨年の年間販売量は約1400キロリットル(350ミリリットル缶で400万缶に相当)だったが、増える需要に追いつかず、今年1月に約2倍の規模に増やした。

 同社は江戸時代の文政6(1823)年創業の造酒屋。平成5年の地ビール解禁の規制緩和を受けてビール製造に乗り出した地ビール・クラフトビール業界の老舗だ。

このニュースの写真

  • 人気爆発「クラフトビール」大増産 供給追いつかず流通・外食業界の注目の的 大手も“虎視眈々”
  • 人気爆発「クラフトビール」大増産 供給追いつかず流通・外食業界の注目の的 大手も“虎視眈々”

「ニュース」のランキング