産経ニュース

【スポーツ異聞】ラフプレーで殴られた韓国代表 韓国騒然「やり返せ」「わが国民の生命の脅威」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
ラフプレーで殴られた韓国代表 韓国騒然「やり返せ」「わが国民の生命の脅威」

試合中にウズベキスタン選手に殴られ、顔がふらつく韓国選手(左)。衝撃的なシーンに韓国内外が騒然とした(YouTubeから)

 タイで2月1日に行われたサッカー「キングスカップ」のU-22(22歳以下)代表・韓国-ウズベキスタン戦で、スポーツマンシップを著しく踏みにじる“蛮行”があった。韓国選手が顔面をボクシングさながらにウズベキスタン選手から殴られた。英紙デイリー・ミラーは「殺人未遂と変わらない行為だ」などと厳しく非難。韓国内でも「チンピラサッカー」「暴力サッカー」などと怒りが収まらず、インターネットには「外交的な抗議措置を取れ」などと徹底抗戦を促すほどだ。韓国独特の「恨文化」の根深さをあらためて突き付けている。

 問題のシーンは後半42分に起きた。試合は1-0で韓国が先行していた。左サイドライン際での攻防で、ボールを保持したウズベキスタンのイゴール・シャムシディノフが韓国のシム・サンミンに体当たりの激しいタックルで転倒した。シャムシディノフは腕を振りながら立ち上がると、すかさずサンミンの顔を左右3度にわたり殴りつけた。サンミンの頭は左右にふらついたが、転倒はしなかった。シャムシディノフはその後、タックルによって左脚付け根を痛めた様子でピッチに仰向けに寝転んだ。殴打しなければ、サンミンのラフプレーを主審が取ったかもしれない。

 前兆はあった。この8分前、ウズベキスタン選手がルーズボールに対して体を寄せる韓国選手に足を高く上げてスパイクの裏を見せて衝突。一発退場となった。選手たちは高揚した精神状態に陥っていたことがうかがえる。

このニュースの写真

  • ラフプレーで殴られた韓国代表 韓国騒然「やり返せ」「わが国民の生命の脅威」

「ニュース」のランキング