産経ニュース

【子・孫が語る昭和の首相】岸信夫氏が岸信介元首相を語る 「安保改定は憲法改正の前段階」「批判に参ることはなかった」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【子・孫が語る昭和の首相】
岸信夫氏が岸信介元首相を語る 「安保改定は憲法改正の前段階」「批判に参ることはなかった」

岸信介元首相から贈られた掛け軸を前に思い出を語る岸信夫衆院議員=衆院第1議員会館(酒巻俊介撮影)

素顔とテレビにはギャップが

 --祖父としての信介はどんな人だったか

 「すごく優しいおじいさんだった。僕は祖父を『おじいちゃま』、祖父は僕を『信夫君』と呼んでいたかな。僕が中学生ぐらいのときに祖父が(静岡県の)御殿場に引っ越すまで、(東京都渋谷区の)南平台の自宅で一緒に暮らした。和服を着てくつろいでいる姿が印象に残っている」

 「祖父に関する記憶があるのは、僕が幼稚園児ぐらいだった頃からかな。絵本を読んでもらったのを鮮明に覚えている。アメリカで干魃(かんばつ)が起きて畑で何もできなくなるんだけど、ヒーローみたいなカウボーイが投げ縄で捕まえた雲を引っ張ってきて雨を降らすという、他愛のない話だった」

 --政治家としての信介を垣間見たことは

 「朝出かけていくときは非常にりりしかった。周りに記者とか議員とかいろんな人がいて、心を決めて家を出ていくような感じだった。真剣勝負をしに行くということだったのかもしれない」

 「祖父が首相だった頃は僕は1歳だから、当時の記憶はほとんどない。政治活動をしている姿を直接見たこともあまりなく、テレビで見たぐらい。テレビでの祖父はギャップがあって、優しさは全然感じなかった。客観的に見たら嫌われるだろうな、と思ったこともある」

このニュースの写真

  • 岸信夫氏が岸信介元首相を語る 「安保改定は憲法改正の前段階」「批判に参ることはなかった」
  • 岸信夫氏が岸信介元首相を語る 「安保改定は憲法改正の前段階」「批判に参ることはなかった」
  • 岸信夫氏が岸信介元首相を語る 「安保改定は憲法改正の前段階」「批判に参ることはなかった」
  • 岸信夫氏が岸信介元首相を語る 「安保改定は憲法改正の前段階」「批判に参ることはなかった」
  • 岸信夫氏が岸信介元首相を語る 「安保改定は憲法改正の前段階」「批判に参ることはなかった」
  • 岸信夫氏が岸信介元首相を語る 「安保改定は憲法改正の前段階」「批判に参ることはなかった」
  • 岸信夫氏が岸信介元首相を語る 「安保改定は憲法改正の前段階」「批判に参ることはなかった」

「ニュース」のランキング