産経ニュース

【TVの潮流】背景に日本人の「自信の揺らぎ」も 目立つ「世界と日本」テーマの番組

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【TVの潮流】
背景に日本人の「自信の揺らぎ」も 目立つ「世界と日本」テーマの番組

2月23日放送のテレビ東京系「世界ナゼそこに?日本人」。アフリカ・エチオピアに住む日本人女性(右)は、自身の娘に加えて現地の子供も育て、さらに貧しい子供達の学費まで出しているという

 日本の「良さ」を外国人の視点から再発見したり、世界各地に暮らす日本人の奮闘ぶりを紹介したり…。「世界と日本(日本人)」をテーマにした番組が近年、民放各局で目立っている。外国人から評価される日本の“意外な面”や、日本人の海外生活に共感が集まりやすく、視聴率が手堅く取れるのがその理由らしい。一方、「似たような番組が多い」との指摘もある。(本間英士)

「地下鉄がダイヤ通りに運行」に驚き

 「普段、サッカーの試合はあまり見なくても日本代表戦は見る、という人は多い。LCC(格安航空会社)の普及などで、昔より世界が身近になるなかで、『日本VS他の国』や世界の中での『日本の立ち位置』に関心がある人は多いと思います」

 こう語るのは、昨年10月にスタートした『世界が驚いたニッポン! スゴ~イデスネ!!視察団』(テレビ朝日系、土曜午後6時56分)を担当する奥田創史プロデューサーだ。

 同番組は、欧米やアジアをはじめ世界のさまざまな分野のプロを日本に招く。鉄道関係者が日本の地下鉄がダイヤ通りに運行されているのを見て驚いたり、農家や卸売業者らがスーパーに並んだ野菜の品質の高さを実感したりするなど、日本の何気なく「スゴ~イ」ところを率直に評価してもらう趣向だ。

 実際、世界各地を仕事や旅行などで回ると、日本の鉄道ダイヤの正確さを実感する人は多いという。

このニュースの写真

  • 背景に日本人の「自信の揺らぎ」も 目立つ「世界と日本」テーマの番組

「ニュース」のランキング