産経ニュース

【衝撃事件の核心】顔判別できぬほど変形、金属バットで殴り続けた性転換済み“可愛いすぎる179センチ28歳”の「別れるくらいなら殺す」凄まじき情念

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
顔判別できぬほど変形、金属バットで殴り続けた性転換済み“可愛いすぎる179センチ28歳”の「別れるくらいなら殺す」凄まじき情念

菊池容疑者が「フェイスブック」上で公開していた写真。抜群のプロポーションも公開していた

 東京・銀座の元ホステスが交際相手を包丁と金属バットで殺害した。東京都中央区のマンションで、同居する飲食店従業員、平田勇二さん(48)を殺害したとして逮捕された菊池あずは容疑者(28)。周囲に「性転換手術をした」と話していた菊池容疑者は、180センチ近い長身と抜群のプロポーションを武器に銀座のクラブで働いていた。「別れるくらいなら殺そうと思った」。動機についてこう語った菊池容疑者は結婚を夢見ていたという。菊池容疑者の中の「女」の激しい情念が犯行へと駆り立てたのだろうか。

顔が判別できないほどの暴行 金属バットで“ボコボコ”に

 「男性が顔から血を流して倒れている」

 2日午後0時20分ごろ、中央区新川のマンションから110番通報が入った。警視庁中央署の捜査員らが駆けつけ、室内のベッドの下に倒れているパジャマ姿の平田さんを発見した。

 顔を確認しようと男性をのぞきこんだ捜査員は、思わず顔をしかめた。

 よほど強い力で繰り返し暴行を加えられたのか、平田さんの顔は判別できないほどに変形していたのだ。さらに右胸には複数の刺し傷があり、おびただしい量の血がベッドを真っ赤に染めていた。

 室内には血のついた金属バットが転がっていた。近くで捜査員を見下ろすほどの長身の女が立っていた。菊池容疑者だった。

 捜査員「あなたがやったんですか?」

「ニュース」のランキング