産経ニュース

【舛添知事定例会見録】北京、ソウルとの都市外交「姉妹、兄弟に18年会わないのは異常」と正当性強調

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
北京、ソウルとの都市外交「姉妹、兄弟に18年会わないのは異常」と正当性強調

定例会見で記者の質問に答える東京都の舛添要一知事=10日、東京都庁

 「具体的に東京都と東京労働局は、取り組みおよび実施方法を事業計画として毎年度定めると。どういうことをやろうかということを双方で協議して定める。そして運営協議会を設置するというようなことが内容となっております」

 「協定の締結によりまして、都と国とがそれぞれの強みを生かして非正規雇用の労働者の正社員化、これは私が力を入れていることですけど、一体となって雇用対策を進めていきたいと思います」

 「雇用問題についてハローワークも活用してもらいたい。われわれ(都)のいろいろな機関も活用してもらいたい」

 「東京都は東京を管轄していますけども、国の強みはネットワークを持っていることで、例えば栃木、群馬で働いている方が東京に来たいというとき、どうしても国のネットワークを上手に使うというのは大事なんで、こういう形で雇用の問題で国と都が協定を結んで一緒にやるのは画期的なことなんで、ぜひ取材に来てください」

 「3番目です。イギリス政府の要請によりまして、今月下旬に来日が予定されておりますケンブリッジ公爵殿下、といってもおわかりにならないかと思いますが、プリンス・ウィリアム、ウィリアム王子を2月26日午後、接遇することになりました」

 「大変名誉なことでありまして、日本に初めて来られるわけでありますけど、ぜひ都議会とともに東京都を挙げておもてなしを行いたいと思っております」

 「東京および日本にいい印象を持って帰っていただきたいと思っております。26日の午後、全東京を挙げてウィリアム王子を歓迎したいと思います」

「ニュース」のランキング