産経ニュース

【舛添知事定例会見録】北京、ソウルとの都市外交「姉妹、兄弟に18年会わないのは異常」と正当性強調

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
北京、ソウルとの都市外交「姉妹、兄弟に18年会わないのは異常」と正当性強調

定例会見で記者の質問に答える東京都の舛添要一知事=10日、東京都庁

 「《モニターで画像を見せながら》これが興洋という船であります。都におきましては昨年12月から、中国漁船の違法操業を行っていた海域を中心に、この漁業調査指導船を活用した試験操業を開始しておりまして、漁場への影響についても調査するとともに、国が実施するサンゴの調査に協力して参りたいと思っております」

 「今、伊豆諸島北部を管轄する調査指導船の『やしお』という船なんですけども、これが古くなりますので、このたび更新する」

 「そしてこの船を少し大きくして、小笠原海域まで航行可能にするし、レーダーを高性能に変える。ソナーもよくするということで、最新の調査監視機器を備えた船舶の建造に向けて、来年度から設計に着手し、海上監視活動を一層強化したいと思っております」

 「(設計費は)予算原案の中に組み込んでおります。貴重な水産資源を守り、島民の方々の安全安心の暮らしを確保するため、都としても引き続き、国や小笠原村と連携して全力で取り組んで参りたいと思っております」

 「続きまして2点目の話ですが、これは本日ですね、この後夕方、塩崎(恭久)厚生労働大臣との間で、東京都雇用対策協定を締結致します。私はこの後、厚労省に参りましてサインをしたいと思います」

 「よく私が言いますように『恒産なくして恒心なし』という言葉がありますけども、仕事について安定した生活が実現することで、初めて気持ちも落ち着くと、明るい気持ちで生活することができると、そういう言葉ですが、雇用の問題というのは非常に重要であります」

 「東京都ではハローワークを所管する国の東京労働局との協議の場を作りまして、議論を重ねて参りました。その結果、このたび国との間で協定を締結して、さらなる連携の強化を図っていきたいと思っております」

「ニュース」のランキング