産経ニュース

【日本の議論】「違和感」か、「何が悪い」か 猥褻犯に警官「ロレックス弁償しろ」訴訟をどう見るか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
「違和感」か、「何が悪い」か 猥褻犯に警官「ロレックス弁償しろ」訴訟をどう見るか

埼玉県警の本部庁舎。同県警の警察官が、容疑者追跡中に腕時計が壊れたとして起こした民事訴訟が話題を呼んでいる=2月4日、さいたま市浦和区

 損害賠償を請求された男の代理人は、準備書面などで「けがのリスクを承知して職務を行っている警察官は、一般の人に比べて精神的ダメージも少なく、もっと低額になるべきだ」としている。あるベテラン警察官は「今回のケースでは高価な時計をつけていたことが特殊なケースだが、それ以前に、警察官の意識には若手からベテランまで、『自分たちの仕事は危険がつきもの。けがや私物の破損は当然のこと』という考え方がある」と話す。そして「逮捕しようとした相手にけがをさせられても、請求するなんて考えたこともなかったな」と苦笑した。

■「賠償求めて何が悪い」という意見も

 これとは反対に、「当然の権利なのだから、訴訟を起こすことに何の問題もない」という主張をする弁護士もいる。インターネット上でも「職務中にそんな時計をつける方が悪い」という批判的な意見の他に、「悪い人を捕まえるために行った行動で賠償を求めて何が悪いのか?」といった素朴な疑問や、「抵抗したら賠償を請求されるということは抑止力になるのでは」などの民事賠償を推奨する意見も見られた。

「ニュース」のランキング