産経ニュース

【土俵の群像】「唐突」だった横綱白鵬の審判部批判“なぜ”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【土俵の群像】
「唐突」だった横綱白鵬の審判部批判“なぜ”

初場所の一夜明け会見で白鵬の「問題発言」が飛び出した=東京・墨田区(今井正人撮影)

 あまりにも唐突だった。大相撲初場所千秋楽翌日の会見。単独史上最多33度目の優勝を全勝で果たした白鵬が、いきなり勝負判定への不満をぶちまけた。発言は波紋を呼び、師匠が日本相撲協会から注意を受ける騒ぎへと発展した。

 1月26日午前、東京都墨田区の宮城野部屋で会見は行われた。前夜の祝宴が遅くまで続いた影響か、白鵬は当初の予定より1時間あまり遅れて姿を見せた。

 冒頭で「疲れましたね」などと述べた直後。大鵬を抜く偉大な記録樹立に全勝優勝で花を添えた感想を問われると、真剣な顔をして「疑惑の相撲が一つある」と切り出した。

 「13日目。勝っている相撲ですね。一番目。帰ってビデオを見たら、子供が見てもわかる。なぜ取り直しにしたのか」

 「疑惑」に挙げたのが、勝てば優勝が決まる稀勢の里戦。この取組は白鵬が右張り差しから左四つのまま一気に寄ったが、稀勢の里が土俵際で右小手投げを打った。軍配は白鵬に上がったが、物言いがついて同体と見なされた。取り直しの一番で白鵬が稀勢の里を押し倒した。

 白鵬は取り直しについて「ビデオ判定も元お相撲さんでしょ。もう少し緊張感を持ってやってもらえれば。簡単に取り直しはやめてほしい」と審判部の勝負判定に批判を重ね、「本当に肌の色は関係ないんだよね。まげを結って土俵に上がれば、日本の魂なんです。みんな同じ人間」とまで言った。

このニュースの写真

  • 「唐突」だった横綱白鵬の審判部批判“なぜ”
  • 「唐突」だった横綱白鵬の審判部批判“なぜ”

「ニュース」のランキング