産経ニュース

【スポーツ異聞】四面楚歌「平昌五輪」、施設建設会社は倒産、委員長「ナッツ事件」で仕事手つかず…韓国国民悲痛「もう虚勢張るな」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
四面楚歌「平昌五輪」、施設建設会社は倒産、委員長「ナッツ事件」で仕事手つかず…韓国国民悲痛「もう虚勢張るな」

IOCのプロジェクションレビューに参加した平昌冬季五輪組織委員会の趙亮鎬委員長。娘の「ナッツ事件」に、五輪施設建設の財閥系建設会社の倒産と難題は山積か(AP)

 さらに韓国の関連機関が公表したデータによると、五輪組織委は13、14年の協賛費収入をそれぞれ175億ウォン(約19億円)、675億ウォン(約73億円)と予想した。ところが、13年は収入ゼロ、14年はわずかに35億ウォン(約4億円)で、事前予測の5.2%にとどまっている。このため、13年は110億ウォン(約12億円)、14年は105億ウォン(約11億円)を政府や関連機関から借り入れた。

 協賛金の援助をより多く得られるよう、平昌五輪の開催権獲得に貢献した趙亮鎬氏が昨年7月に組織委員長に就任した。しかし、同氏が会長を務める大韓航空で、娘の趙顕娥氏による「ナッツ事件」が五輪関連活動に影響し、解任の危機もあると伝えられている。

 1月8日の朝鮮日報(電子版)社説は「趙亮鎬組織委員長はいわゆる『ナッツリターン』問題が表明化した後、組織委員会の仕事が手につかない状況が続いている。誰かが早急に前面に出て、一日も早く組織委員会を立て直さなければならない。平昌五輪の開催に問題が生じれば、国際社会から『国際スポーツイベントに失敗した国』というレッテルを貼られる事実を忘れてはならない」と警鐘を鳴らした。

このニュースの写真

  • 四面楚歌「平昌五輪」、施設建設会社は倒産、委員長「ナッツ事件」で仕事手つかず…韓国国民悲痛「もう虚勢張るな」

「ニュース」のランキング