産経ニュース

【経済インサイド】「ホワイトカラーエグゼンプションは過労死を増やす」連合“残業代ゼロ制度”潰しへ執念、政府と激突

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「ホワイトカラーエグゼンプションは過労死を増やす」連合“残業代ゼロ制度”潰しへ執念、政府と激突

ホワイトカラーを中心とする「残業ゼロ」制度に対し、連合は絶対反対の立場だ(写真と本文は関係ありません)

 厚生労働省が1月16日骨格案を示した新しい成果制度「ホワイトカラーエグゼンプション」、いわゆる「残業代ゼロ」制度に対し、大手企業の労働者らを束ねる連合が、絶対反対する姿勢を打ち出している。同制度は、成果に対して賃金を支払う制度で、ホワイトカラーを中心とする労働生産性を高めて企業の国際競争力を高めようという政府や財界の意思を反映している。ただ、連合の古賀伸明会長は「政府も経営側も過労死が毎年100人を超える現実を直視すべきだ」と強調、法案つぶしに執念を燃やしている。賃上げをめぐっては協調する労使だが、長時間労働の懸念が指摘されるホワイトカラーエグゼンプションについては、妥協点が見いだせていない。

過労死を助長

 「ホワイトカラーエグゼンプション」は働いた時間ではなく、仕事の成果に対し賃金を払う仕組み。残業代の支払いが免除されるため、「残業代ゼロ」制度とも呼ばれる。安倍晋三政権の経済戦略であるアベノミクスの成長戦略にも位置づけられた「働き方の改革」の目玉といっていい。

 年収基準を1075万円以上に設定し、研究開発などの職種に対し労働時間規制を外す内容で、対象となるホワイトカラーを絞り込んだ。厚労省は通常国会で労働基準法改正案を提出を目指している。

「ニュース」のランキング