産経ニュース

【近ごろ都に流行るもの】「七三分け」半世紀ぶり若者に大流行の“なぜ”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【近ごろ都に流行るもの】
「七三分け」半世紀ぶり若者に大流行の“なぜ”

前髪をラフに下ろしたセンター分けから「七三分け」にスタイリング。好青年風に=東京都渋谷区の「MINX」原宿店

 古くさいオジサンの髪形と思われていた「七三分け」が、半世紀ぶりにファッショントレンドに躍り出ている。昭和39年の東京五輪を契機に大流行したアイビールック定番のヘアスタイル。それが2度目の東京五輪開催が近づくなか、アイビー由来のトラッドファッションが復活し、ブレザーやネクタイが決まる髪形として注目だ。清潔感のなかに男らしさが漂い好感度も上々。新たな分け目にクシを入れる男子が増えてきた。

 美容室「MINX(ミンクス)」原宿店(渋谷区)。飲食店勤務の男性(24)の下ろした前髪が七三に分けられ、ワックスでスッキリなでつけられると、見た目が一気に好青年! 鏡の姿に「いい感じですね」とはにかむ男性。「このまま彼女のお父さんに会いに行ける髪形です」とトップスタイリストの藤巻巡日人(ゆきひと)さん(29)がほほ笑んだ。

 オシャレに敏感な若い男性客が多い同店では、七三分けの注文が3年前から入り始め、一昨年には人気上位の髪形に定着した。若者の間で、『育ちの良い装い』への関心が高まっている。注文する方の服装もトラッド系が多い」と藤巻さん。かつての七三分けとの違いはサイド内側の刈り込みだ。タイトなシルエットで、昔風のもっさり感は全くない。

 タレント、加藤浩次さんのようなツヤのあるコテコテ七三から、俳優の小栗旬さん、サッカー・レアルマドリードのクリスティアーノ・ロナウド選手風と、リクエストされる七三分けも多様化。「モード、黒革などのワイルドな装いにも合う。職種を問わず、手入れがラクで薄毛カバーもできる便利な髪形。人気が続きそう」と藤巻さん。

このニュースの写真

  • 「七三分け」半世紀ぶり若者に大流行の“なぜ”
  • 「七三分け」半世紀ぶり若者に大流行の“なぜ”

「ニュース」のランキング