産経ニュース

【ソウルから 倭人の眼】「歴史」固執する朴槿恵政権の陰で頭抱えるソウル市長「どうすれば日本の客増やせるか」 “反日”と“国難”で軋む韓国

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【ソウルから 倭人の眼】
「歴史」固執する朴槿恵政権の陰で頭抱えるソウル市長「どうすれば日本の客増やせるか」 “反日”と“国難”で軋む韓国

 日韓国交正常化50周年の今年は、韓国にとって日本の朝鮮半島統治からの解放・独立から70年周年にもあたる。日韓関係が冷え込む中、韓国では国交正常化の節目の年に合わせ、一部で日本へのアプローチの動きもある。しかし、対日姿勢や政策では、国交50年よりも、慰安婦問題など歴史認識を前面に出した解放・独立70年が優先されている。韓国の朴槿恵政権が現在、危機意識を持ち最重要課題にあげているのは、経済の立て直しだが、国交50年よりも重きを置く“反日の論理”が、その足かせにもなりかねない状況にある。(ソウル 名村隆寛)

前提条件!前提条件!

 朴大統領は年頭の記者会見(1月12日)で、国交正常化50年の今年、日本との「新しい関係」を模索する姿勢を示した。ただ、依然、実現しない安倍晋三首相との首脳会談については、国交50年を象徴するにも関わらず、「日本側の姿勢の変化が重要だ」と強調。日本が対応すべき課題に慰安婦問題を挙げ、早く解決しなければ「韓日関係だけでなく、日本の歴史にも重荷になる」と訴えた。また、慰安婦問題の解決策は、「韓国国民が納得するものでなければならない」と明言した。

 その1週間後の19日、尹(ユン)炳(ビョン)世(セ)外相も記者会見で、「日本側の動向には関係改善への十分なものはうかがえない。首脳会談実現に向けうまく条件を作らねばならない」と指摘し日本側の努力が、首脳会談の前提であるとの考えを示した。

韓国で、強硬な対日姿勢が対話へと転換したかのような動きも…

「ニュース」のランキング