産経ニュース

【話題の肝】『クッキングパパ』発握らぬおにぎり「おにぎらず」人気 「BENTO」に続くジャパニーズ・クールとなるか

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【話題の肝】
『クッキングパパ』発握らぬおにぎり「おにぎらず」人気 「BENTO」に続くジャパニーズ・クールとなるか

 昨年秋以降、インターネット上の料理レシピ投稿サイトなどで「おにぎらず」という食べ物が人気を集めている。のりとご飯で具材を包む工程はおにぎりと変わらないが、握らないから「おにぎらず」。ご飯を三角形に握るのが苦手な人でもきれいに作れ、見た目の華やかさとネーミングの面白さが人気の秘密という。職場や学校に手作り弁当を持参する動きが広まる中、ご飯のおかずになるものなら何でも具材として包み込んでしまう日本の“進化形”ソウルフードに迫った。(石井那納子)

漫画にレシピ掲載から20年以上の時を経て脚光

 「おにぎらず」の名前が初めて登場したのは、漫画週刊誌「モーニング」(講談社)で長期連載されている人気漫画「クッキングパパ」だ。作中では、仕事も家事も完璧にこなす主人公・荒岩一味(あらいわ・かずみ)が、小学生の長男のために作った時短弁当として平成3年発売の単行本第22巻(第213話)にレシピが掲載された。

 作り方はいたって簡単。大判ののりにご飯をしき、具材を乗せ、さらにご飯とともにのりの四隅を折りたたみ包んでいく。

 食べやすい大きさに切り分けた断面を見ると、まるでサンドイッチのように端から端まで具材がびっしりつまっている。真ん中まで食べ進めないと具材にたどりつかないおにぎりとくらべると、ひとくち目から具材とご飯が楽しめる。

 「今ではクッキングパパがおにぎらずの原点といわれるけれど、実は、うちの奥さんが作ってくれたものが元祖で、そこから着想を得たんですよ」

「ニュース」のランキング