産経ニュース

【舛添知事定例会見録】朝鮮学校補助金見送り判断「都民の納得が最大のポイント」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
朝鮮学校補助金見送り判断「都民の納得が最大のポイント」

定例会見で記者の質問に答える東京都の舛添要一知事=23日、新宿区西新宿の都庁

 --「イスラム国」による日本人人質の殺害予告の問題について、知事はどう見ているのか。また今後、こういう集団が東京に来てテロ行為に及ぶ可能性もあると思うが、その点についてどう考えているか

 「最初の問題は、こういう人質に捕るような形でテロ行為を行うというのは許してはならないことであって、断固として弾劾していかないといけないと思いますし、政府の発表では30分後ぐらい、2時50分が72時間の期限だというけれども、一刻も早い2人の釈放ということをお願いしたいと思っています」

 「やはり国際社会が協力して、断固としてこれに対応すると。世界各国のイスラム教徒の方々が反応されているように、自分たちは本当に平和を愛するので、こういうことをやるのはイスラムの教えに反している」

 「私がいつも申し上げるように、人道主義、ヒューマニズムと平和というのがイスラムの基本的な教えですから、是非世界中の方々に声を上げてもらいたいと思っています」

 「この件は政府が懸命になっていろいろなルートを使って解決への努力をなさっていると思いますけれども、5年後のオリンピック・パラリンピック大会を控え、テロ対策というのは非常に大きくなります。そして、われわれも決してセーフティーゾーンにいるわけではありませんので、徹底的なテロ対策を今後やっていかないといけないと思っていますので、とりあえずは今回、外交での解決が見いだせるようにやっていきたいと思っています」

「ニュース」のランキング