産経ニュース

【舛添知事定例会見録】朝鮮学校補助金見送り判断「都民の納得が最大のポイント」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
朝鮮学校補助金見送り判断「都民の納得が最大のポイント」

定例会見で記者の質問に答える東京都の舛添要一知事=23日、新宿区西新宿の都庁

 --葛西臨海水族園のマグロについて。マグロ類が大量に死ぬという事態が相次いでいるが、どう受けとめているのか。かなり数が少なくなっているが、追加の補充についてはどう考えているのか

 「本当に、これは非常に残念ですね。約160匹ぐらい、クロマグロ、スマ、ハガツオがいて、正確に言うと159いたのが、今日の段階でクロマグロ3匹、それからスマはゼロ、ハガツオは2匹で、5匹しかいないという極めて寂しい状況で、それでいろいろな研究機関に調査をお願いして、病理解剖したりしています」

 「それで20日に日本大学にお願いしていたのですけれども、ウイルスが検出されたということであって、ただ、他の所の研究センターも一生懸命研究していただいているので、原因の確定をしないといけない」

 「原因の確定をした上で、この3匹しかいないで展示を続けるかということもあると思います。確定して、仮にウイルスだったらどういうふうに除去するのか。例えば水を替えればそれで済むのかとかいうことがあるので、検討の時間が要ると思いますけれども、できるだけ早くこれは何とかしたいと思っています」

 「私も自宅で熱帯魚と金魚が入った25ぐらいの水槽を管理しているので、本当にショックなのです。それで病気になったら私も、一生懸命、金魚などの治療をするのだけれど、なかなか治らないのがあって、ある日突然、パッと死んだりすることがあるのです」

 「だから日々の管理を相当やったりしてもそうなので、やはり何といっても生き物なので。ただ、解明することが非常に必要だと思っていますので、ぜひ元の形に1日も早く直したいというのが希望で、総力を挙げて取り組みたいと思っています」

「ニュース」のランキング